小児歯科

お子様には、大人向けとは違った歯科医療を提供する必要があります。

「子どもの歯は、生え変わるから大丈夫」なんて
思っていませんか?それは間違いです!

画像お子さんをお持ちの方の多くは、
子どもの歯はいずれ永久歯に生え変わるから、
虫歯になっても大丈夫と思っていらっしゃいますが、
実は子どもの虫歯は将来の生活に大きく影響します。

乳歯が健全で正しく治療されているかということは、
後の永久歯の歯並びだけでなく、
大事な成長期の体の発育にまで関係しています。

また、永久歯が先天性に欠損していることがあります。
その場合は、乳歯は永久歯に生えかわりません。

ですので、永久歯の卵(歯胚)が確認できるまで、乳歯を特にケアする必要があります。

乳歯はどうせ生え変わるものと考えてしまわず、
お子さんの口腔内の正常な成長発育をしっかりと見守ることをおすすめいたします。

1.お子さんの歯を虫歯菌から守るために

画像 人間の歯は、よく知られているように
大人になる前に一度生え変わります。

子どもの歯(乳歯)は、本数も少ないですし、
それ以外にも大人の歯(永久歯)と異なる点が
いろいろとあります。

そのような事情に対応するために確立されてきたのが
「小児歯科」です。

小児歯科においては、 特に次のような役割が重視されています。

  • 子どもの場合、日常の手入れに関して専門的なサポートが欠かせない
  • 歯が生え変わる前から適切なサポートを行うことで将来の口腔内のトラブルの予防に繋がる

フッ素

画像

乳歯や生えてきたばかりの永久歯は、虫歯菌に対して脆弱なものです。

しかしフッ素を塗布するだけで、
大幅に強靭になる傾向があるのです。

シーラント

特にお子様にとって、虫歯は大敵です。

しかし歯の間や歯と歯肉の境目、そして歯の溝に関しては、
どうしても虫歯が発生しやすい傾向があります。

幸い現在では「シーラント」が普及しています。
奥歯の溝にこのシーラントを埋め込むことで、歯垢がたまらないようにすることができます。

画像
シーラント材を塗布して光で固めます

※ シーラントは人工的な歯科材料でつくられており、取れてしまうこともあります。
定期健診でシーラントの状態をチェックしましょう。

2. お子様が自主的に通う歯科医院づくり

画像小さなお子様に対しては、
「最初が肝心」だと考えています。
歯科医院は怖くない場所と認識してもらえれば、通院や治療も自然と行えます。

急いで治療を行う必要がある場合はもちろん別ですが、初回は、医院の設備やスタッフにゆっくりと慣れてもらうことを大切に考えています。

待合室には子どもが楽しめる
キッズルームをご用意しました。

安全で楽しい場所だと認識してもらえるような医院づくりを行っております。


3. 小児矯正

画像子どもの時に、矯正治療をしておけば、
歯並びだけでなく、全身の状態も良くなります。

矯正は早期治療の方が期間も短く
、費用も安くなります。
他院で抜歯のケースでも丁寧な治療により保存できる場合もあります。

当院も子どもの矯正治療には力を入れており、
ありがたいことに、お子様の矯正治療の口コミのご紹介も多く頂いております。

お子様の歯並びが気になる方はお早めにご相談下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.092−542−8020
診療時間
9:30~13:30

/

15:00~20:00

/

休診日
▲土曜日の午後は15:00〜19:00
休診:日曜日・祝日

診療メニュー

当院のご紹介


© 2016高宮駅近くの歯医者 おおぞら歯科. All Right Reserved.